コクマルガラス
スズメ目カラス科ハシブトガラス属
Corvus dauuricus

kokumaru.jpg (13291 バイト)


1997年11月 登米市中田町 ニコンF3 ニッコール500ミリ*1.4 f5.6 AE RAP

 

体が黒と白,甲高い声「キョン,キャー,キョー」

全長約33cm 翼長21〜24cm 体重154〜275g

九州を中心にした西日本に冬鳥としてやってくる。数は多くない。
ハトほどの大きさで,くちばしは小さめ。淡色型と暗色型があり,写真は淡色型。
畑や水田といった開けた環境にすみ,ミヤマガラスのむれにまじって見られることが多い。

 ミヤマガラス119羽の中に,淡色型1羽,暗色型3羽が混じっていた。体は小さく,特に淡色型は遠くからでも 見分けることができる。
 ミヤマガラスについては,1996年も中田町内で観察しており,また97年は県内各地で報告されていることから,冬鳥として定着することを期待している。

 黒丸鴉(こくまるがらす)

HOME