コヨシキリ
スズメ目ウグイス科ヨシキリ属
Acrocephalus bistrigiceps

6月上旬 登米市迫町 ニコンCOOLPIX950 & コーワTSN-2

 

yubi.gif (837 バイト)眉斑が白い,眉斑の上に黒い線,背がオリーブ茶褐色

全長14cm 翼開長20cm 体重約10〜15g

夏鳥としてやってきて,平地から山地の草原,湿地,河原などにすむ。
オオヨシキリより小ぶりで,白い眉斑(びはん)とその上の黒い線が目立つ。

本州中部のオオヨシキリとコヨシキリの共存地では,ヨシの密度の高い部分をオオヨシキリが占め,その周辺部にコヨシキリがなわばりをもつ。また,ヨシからそのなかに点在する樹木にかけての上部空間をオオヨシキリが利用し,ヨシからスゲやイネ科の草本にかけての下部空間をコヨシキリが利用することにより,圧倒的に優位なオオヨシキリとの競合を さけている。
〔日本動物百科第4巻 1997年 平凡社〕より

 小葦切(こよしきり)

HOME