シジュウカラガン
カモ目カモ科コクガン属
Branta canadensis leucopareia

11月上旬 伊豆沼 CASIO EXILIM EX-Z750&コーワTSN-823M(32*W)
 

yubi.gif (837 バイト)喉が白い,頭が黒い,首が黒い

全長56〜68cm 翼長36〜40cm 体重約2kg

冬鳥としてごく少数がやってくる。首が黒く,ほおが白いガン。
伊豆沼や蕪栗沼のまわりでは,マガンのむれといっしょに行動している。

1935年ころまでは,宮城県仙台市福田町周辺がシジュウカラガンの一大越冬地だったが,現在日本に渡来する数は毎年1〜数羽程度で,群れとしての渡来はとだえてしまった。
現在アメリカ合衆国の支援のもとに,日本とロシア共同で,アジアへの復元計画が進行中。カムチャツカに作られた繁殖用施設では毎年ヒナがふ化し,試験放鳥も行われている。

写真を撮影した2011年11月3日は,三工区に40羽が集まった。1か所でこれだけ多くのシジュウカラガンを観察したのは初めてで,標識を付けた個体も見受けられた。

 四十雀雁(しじゅうからがん)

HOME