タンチョウ
ツル目ツル科タンチョウ属
Grus japonensis

タンチョウ

1月中旬 遠田郡美里町 CASIO EXILIM EX-Z750&コーワTSN-823M(32*W)

 

yubi.gif (837 バイト)体が白い,頭頂が赤い,首が黒い,尾が黒いように見える,足が黒い

全長160cm 翼長64〜67cm 翼開長240cm 体重6000〜12000g

湿地に生息。
動物質ではミミズ,昆虫,ザリガニ,魚,カエル,小鳥のヒナなどを食べ,植物質では草の根や新芽,畑に残るニンジンやトウモロコシなどを食べる雑食性。

特別天然記念物,絶滅危惧種。
日本では北海道東部や国後(くなしり)島で繁殖する留鳥。日本以外では,中国東北部から極東ロシアで繁殖し,数千kmの渡りを行う。

宮城県では,1974年5月〜1976年3月まで,伊豆沼周辺に出没し,2度冬を過ごした。この個体は特徴的な斑点が3つあったため,これが手掛かりとなって,福井,岩手,群馬,茨城,石川,福島,千葉の各地をさすらっていたことが分かっている。

 丹頂(たんちょう)

HOME