ライン

プロフィール

自己紹介

この世に生まれたのは? 東京オリンピックの年
どこに住んでるの? 宮城県
鳥見を始めて何年? 19年 (2009年12月1日現在)
ライフリストは? 232種(2009年12月1日現在)
これからの夢は? 一人でも多くの子ども達に,野鳥や自然の素晴らしさを伝えていきたい。
最近はまっていること いわゆる『普通種』を,のんびり観察すること。
「こんな生態があったの?」とか,「こんな場所にこんな種が?」という発見が楽しい。

観察 ・撮影機材

双眼鏡 ニコン エスパシオ8×32

1993年 それまで使っていた廉価双眼鏡では長時間の観察に支障をきたしたため,しっかりしたモノがほしくなり購入。 双眼鏡に何を求めるか・・・で選び方が変わるが,エスパシオ8×32は定価46,000円といわゆる高級双眼鏡ではない。 ではなぜ使い続けているのか・・・色付きが少なく550gと軽いためである。欠点は視度調整リングがずれやすいことであろうか。

ライカ ウルトラビット8×20BR

2010年 いつでも持ち歩けて,首が疲れない双眼鏡が欲しくなり,ツァイスにしようかライカにしようか迷ったあげくに購入。見え味はさすがライカ・・・曇り空をバックに電柱に留まっている鳥などは,細部までしっかり見える。 軽くて小さくて見え味がよくて便利だが,ひとみ径が2.5mmのため,鳥を見つけてパッと双眼鏡をかまえたとき, 黒い影が出て見えづらいときがある。慣れの問題だが,コンパクト双眼鏡はやはりコンパクトだということか・・・。
スコープ コーワ TSN-823M(接眼レンズは 30×W,20×〜60×)

2003年 シギ・チドリ類の細かい識別をしたいために購入。クリアな視界とシャープな見え味が魅力。
双眼鏡と違って,スコープは値段が高いものが絶対オススメ! 予算の許す限り,最高性能を追求すべきだと思う。 特に,30×Wはライカやスワロに負けないいい接眼レンズ。国内修理がきくため,これを選んだ。
デジカメ CASIO EXILIM EX-Z750

2005年 少しでも画質のよい写真を撮りたいと思い,COOLPIX 4300を下取りに出して購入。
作がきびきびしていて,使っていて気持ちがよい。バッテリーが長持ちするのも◎。
アダプターリングは,KOWA「DAC-750S」を使用している。
三 脚 ベルボン カルマーニュ 540EL

2003年 スコープに乗せて歩き回るために購入したカーボン三脚。重さ1.78kgで4段。
脚についたウレタングリップは冬に重宝する。
3ウェイ雲台はスコープだと使いづらいので,スリックのマスターブラック雲台(2ウェイ)と組み合わせている。


GITZO G502

1997年 がっちりと固定して撮影したくなり,ローンで購入。雲台は,同じGITZOのG1571。
強風時など,カルマーニュ 540ELではどうしてもぶれが気になる時がある。ガッチリ固定して撮影したい場合に使用。

サイト作成ツール

コンピュータ MacBook Pro (Early 2015)
ソフトウェア Microsoft Expression Web 4
Adobe Photoshop Elements 15
Copyright (C) 1998- T.Akiba , All Rights Reserved.